俺流アイシング

梅雨が明けましたな~。
「ミンミン♪」「ジィージィー♪」セミが鳴き始めております。
セミちゃんは元気良いですが、この暑さで僕の心身が悲鳴を挙げております。
そんな夏の時期、行きたくてソワソワしてしまうのが沢でありまする。

んで、行ってきました。
当初は南紀の沢の予定でしたが、長雨の影響で予定は変更。
滋賀県の愛知川水系・神崎川。ルートは、赤坂谷~ツメカリ谷~神崎川本流の遡下降。(赤坂谷のツメは登らず)

その日は晴天の沢日和。
澄んだエメラルドグリーンの水に自然林の調和。

DSCF0350

DSCF0361

一度水に浸かれば、もう沢モード全開よ。
釜やプールは泳ぐ、泳ぐ。クロール、平泳ぎなんでもしてやんよ。
てか、ライフジャケット着けてました。安心、安心。

「俺の求めていたのは、これよ!グハハッ」
どの滝も直登できてすこぶる快適。
一ヵ所しょっぱい滝があったけど何とかクリア。
 

水に浸かり過ぎて寒くなった体を太陽さんがサンサンと陽光を浴びせてくれて、またみなぎらせてくれる。
「ありがとー太陽さん。」

DSCF0379

DSCF0384

ツメカリ谷への峠越えもうまくいき、下降を始める。
釜が深く発達しており、どの釜も滝上からダイブできる。
「うっひょ~~!!」この上なく有頂天。
これはレジャーじゃねーか。パラダイスだ。

DSCF0387

沢の流れに身を任せてプカリプカリと流されていく。
「あ~神戸に帰りたくないな~」

ツメカリ谷から神崎川本流に合流する。
本流らしい大味な渓相に一変し、水の流れが速く、水量も多く、水温もキリリと冷たい。
抗うこともできず、なすすべもなく流されていくのだ。
世間に流されるのは嫌だけども。

DSCF0396

このコースは水と戯れる、癒されるという面でいうとおススメの一本である。
締めは、このエリアにある東の河原ボルダーでちょこっと遊んで帰る。一石二鳥。

コメントを残す